こんにちは! 塾長の土田です。

今日は朝方から雨になりましたね…。

紫陽花(あじさい)の季節ですね。

 

見附市の日本海聖高校が、来年春、

2018年4月から「創進高等学校」と校名変更する、

ということで、パンフレットが届きました。

デザイン・アートコース、特別進学コース、キャリアコース

という、学生の進路に合わせた教育内容になるようです。

 

記念講演会では、精神科医・和田秀樹さんの講演があるようです。

和田秀樹さんは、知る人ぞ知る、大学受験のカリスマ的存在で、

実は、塾長も大学受験の頃、だいぶ参考にして、実践しました。

 

そんな高校時代の思い出があったこともあり、

6年前になりますが、長岡造形大学で、

「エンジン01」というイベントが開催された時、

和田さんのシンポジウムにも参加しました。

 

そして、今、教室内にも

和田さんが監修した、こんな本も置いています。

この本自体は、大学受験を意図してますが、

この本でも書いてある、

「数学は、解法の暗記」

「英語は、英短文の暗記」

というのは、中学生でも同じことがいえます。

 

 

実は、意外に知られていないことですが、

人間の脳にとっては、

意味のつながりがあるものは、記憶が定着しやすい、

ので、一見とっつきにくい「数学の解法」のほうが、

例えば、歴史の年号などの丸暗記に比べると、

暗記しやすい、のです。

 

そのことを生徒さん自身が理解してくると、

算数、数学の問題量をこなせるようになり、

自分でも、できた、と実感できるようになります。

 

昨日、お迎えに来た中2生の親御さんから、

「家で数学を自習できるようになった」

という喜びの声をいただきましたが、

「学習習慣の変化」に繋がってきます。

あとは、結果を伴わせていけば、

さらに大きな自信になることでしょう。

 

その生徒さん、まだ上昇する余地を残しているので、

夏休みも夏期講習でシッカリと取り組んでいけば、

まだ伸びる可能性を秘めていますよ。

受け付け、始まっています。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

先週の定期テストが続々と返ってきて、

正答に至らなかった問題の解説も、始まってます。

 

最後になりましたが、

小学生くんから、差し入れもいただきました。

もう、ぷっちょはなくなりました ^^;;

 

今日も張り切っていきます。