おはようございます! 塾長の土田です。

Evernote Camera Roll 20161107 114924

今朝はいい天気ですね。

 

そうそう、金曜日には、夜の小学生くんの迎えに来た

妹ちゃん達がこんなことしてくれたり(笑)

Evernote Camera Roll 20161105 151323 (1)

この時間帯、他の中学生さんたちも帰っていたくらい、

遅かったんですよね。

Evernote Camera Roll 20161105 151324 (1)

 

昨日、一昨日は、定期テスト対策勉強会で

教室を開けていました。

Evernote Camera Roll 20161107 084649

ただ、学校区の南中をはじめ、

多くの中学校が来週が定期テストで、

今週が定期テスト、という中学校は少数派で、

長岡松陰塾金房校では、実はひとりだけ。

 

加えて、昨日は中3生が新潟県統一模試だったのですが、

Evernote Camera Roll 20161031 194151

模試を受けない、定期テストも来週、という中3生も

土日来て、勉強していってくれました。

 

その留守の間、息子はクレーンゲームで

Bluetoothキーボードをゲットしたので、

Evernote Camera Roll 20161107 084650

「塾で使っていいよ」ともらっちゃいました。

コードを繋がなくても、スマホやタブレットで、

キーボード打ちができる、スグレモノ。

使う場面があるはずです。ありがとう!

 

さてさて、土曜日の夕方は、

高校の同期8人で食事しました。

Evernote Camera Roll 20161107 084650 (3)

木造建築として有名な鍋茶屋の裏の通りだったので、

思わず、撮ってしまいました。

鍋茶屋で…、ではないです、念のため(笑)

 

話を戻しましょう。

その中に、やはり2年ぶりくらいかな、

久しぶりに会った同期女性がいました。

 

彼女のエピソードが、今の受験生などにも

参考になると思うので、ご紹介しましょう。

 

 

彼女は、実は長高(長岡高校)から

現役で早稲田大学に進んだのです。

あのワセダです、ワセダ。

 

それだけ聞くと、どれだけの才女なの?

と思うかもしれません。

 

でも、実は彼女、高校時代、

成績は下から数えるほうが早かったそうです。

 

当時、私とは交流なかったんですけど、

彼女の同級生が複数 “証言”してるので、

当たらずとも遠からず、なのでしょう。

 

今もそうだと思いますが、長高(長岡高校)でも、

大学に進まない、進めない、ということはよくあることです。

 

ですから、彼女は大学受験の時も、私立に絞ったそうです。

 

第一志望、第二志望、いくつ受けたのかわかりませんが、

すべり止めの大学まで、ことごとく落ちた、と。

 

しかし、記念受験のつもりで受けた

「夢」の早稲田大学だけ、合格したのです。

 

彼女が担任の先生に報告したとき、

担任の先生には、

冗談言うな、と一蹴されて、

しばらく信じてもらえなかった、

と笑って話してました。

 

浪人してしまった、彼女の同級生の間では

“長高の七不思議” として、

しばらく語り継がれたようです。

この歳になってから、他の同期何人かからも、

この彼女の当時のことは聞いていたので、

そのスジでは有名だったのでしょう(笑)

 

私も数年前に、この話を聞いた時、

「そんなこともあるんだ~」

とも思っていたのです。

 

しかし一昨日、彼女と話していて、

「ワセダを受けた理由」「受かった理由」がわかりました。

 

彼女のお父さんが早稲田大学卒で、

事あるごとにワセダの話をしていたようで、

その影響は大きかったようです。

 

だから、大学受験の際も、

ワセダは受けよう、と思っていたそうです。

これが「受けた理由」

 

 

しかし、法学部や第一文学部などの “本流” では、

とても勝負にならない。

 

でも、ワセダを受けたい。

できれば、受かりたい。

 

その中で、一番可能性があるのは…、

と思った時に彼女は調べて、

まだ創設して間もなく、まだ学部にもなってなく、

入試科目も少なく、キャンパスも所沢にあった、

今の人間科学部に絞った、そうなのです。

これが「受かった理由」です。

 

彼女と年の離れた妹さんも、

結果的に、早稲田大学に進んでいます。

妹さんは一文(第一文学部)のようです ^^

 

 

 

よく、高校受験を控える受験生、

あるいは、これからの時期の中2、中1生には、

「志望校はどこでもいい。どこでもいいから、

その志望校に“行きたい理由”をいくつも考えてみな」

という話をします。

理由は何でもいいのです。

 

 

大事なのは「志望動機」を明確にして、

本人が心の底から「行きたい」と思うことなのです。

 

 

 

思いが強ければ強いほど、

「どうやったら行けるだろうか?」

と考えますし、受験勉強の途中で挫けそうな時でも、

「眠いけど、もう少しだけ頑張ろう!」

となるのです。

 

親御さんがいくら言っても、先生にいくら言われても、

私を含めた他のオトナがいくら言っても、

お子さん本人が「行きたい!」と思った「意志」に

勝るものはありません。

 

同期の彼女の場合は、その思いが強かったから、

まだできたばかりで、どちらかと言えば

体育会系の色彩が強かった、今の人間科学部に、

という「道」を探し出せたのです。

 

今は、書籍やホームページなどで、

手軽に志望校の情報などもわかりますので、

調べようと思えば、簡単に調べることは可能です。

 

大事なのは、

生徒さん本人の「志望動機」「行きたい理由」

なのです。

 

これから、そんな話を

中2以下の生徒さんや親御さんにする時期になりますね(笑)

 

 

 

さて、昨日、ロボット教室のお知らせも発信しました。

Evernote Camera Roll 20161101 081601

一部地域にこんなチラシも昨日折り込みましたので、

ご確認くださいね。

Evernote Camera Roll 20161107 084651

ホームページでもロボット教室に関する情報、動画

まとめています。お時間ある時にご参考に。

 

今日も張り切っていきます。