こんにちは! 塾長の土田です。

今日は途中で雨も降りましたが、

概ねいい天気になりましたね。

 

教室へのお問合わせも、

連日いただいています。

中学3年生は、今月受付でラストになりますので、

お早めにお問合わせくださいね。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

昨日のブログで書きました

進路相談した中3生の話の続き、です。

 

彼女は、塾に来るなり、

「土田さん(彼女は私をそう呼びます)、

○○高校、どう思います?」

 

と、昨日の数々の候補に出てなかった高校名が、

彼女の口から出てきました。

 

その高校は、彼女の希望する学科はあるものの、

長岡市外で、必然的に電車通学になるところでした。

 

しかし、昨日の塾のあと、親御さんや

中学校の教科担任の先生にも相談して、

その高校が出てきて、背中を押されて、

さらに、その高校の学科や高校2年生以降のカリキュラム、

高校の最寄り駅から徒歩圏内であることや、

彼女が念頭に置いている部活候補いくつかがいずれもある、

ことなど、彼女なりにいろいろと調べていました。

 

正直なところ、1日で、そこまで具体的に、

方向性を出すとは思ってなかったので、

その成長ぶりに、ビックリしました。

 

この受験生さんにとっては、

長岡市内の、自転車圏内で通える高校、というよりも

市外であっても、希望学科・コースを優先させたい、

ということが、明確になってきました。

 

それらを、本人が「主体的」に考えて、

方向性を示せた、ということが、

大きな「成長」だと思うのです。

 

私からは、今のまんま進めていっても

合格できる可能性はあるけど、

上位校から志願変更してその高校にする受験生も出てくるから、

安全圏であるとは言えない。

 

前回受けてもらった模試で言うと、

これくらいの上積み(具体的に点数を示しましたが、ここでは伏せておきます)

があれば、志願変更があっても大丈夫、など、突っ込んで話をしました。

 

だいぶ前のブログでも書きましたが、

具体的に志望校が固まってくると、

このように具体的なアドバイスができるのです。

 

もちろん、本決まりということではないかもしれませんし、

これからの成績の推移が変わってくれば、

変更ということもあり得ます。

 

でも、今の段階で、このように「主体的」に

進路のことを考えられるなら、

これからどんな状況になっても対応できる、

そんな「光」が見えてきました。

 

 

中学3年生の生徒さんには、

「本当にその志望校に行きたいのか?」

ということを、さまざまな方向から問いかけます。

 

先ほど、

「中3生は今月受付分で終了」

と書きました。

 

勉強だけを教えるなら、

これからもできるのですが、

仮に、成績が伴ってこなかったりすると、

「進路」でブレて、「気持ち」もブレて、

肝心な、勉強に実が入らない、

という“悪循環”に陥る、ということが、

これまでの指導でよくわかりました。

 

大切な生徒さんの「進路」を

そんなに蔑ろにできないですし、

逆に、秋になってから「進路」のことを話すにも、

私自身が一番重視している統一模試の結果がわからないと、

責任あるアドバイスがなかなかできない。

 

そんな理由から、

昨年から「受験生は9月受付で終了」としました。

今なら、10月と11月の模試が間に合うので、

12月の三者面談に向けての“材料”がかろうじてある、

という状況になりますから。

あ、10月の模試は、明日締め切りです。

 

今の時期に、成績を踏まえた上で、

「進路」のことをしっかりと考えることで、

12月から2月の、ラストスパートの時期に、

勉強に集中できる状況になる、のです。

 

さて、相談を受けた受験生さんの話に戻りましょう。

 

今日はUNOをやらずに(笑)

先ほどの「進路」の話を1時間ほどして、

勉強はせずに、帰っていきました。

(これも、昨日の作品です)

まぁ、今日は、もともと

塾に来る予定の日ではなかった、のです。

 

でも、彼女は、本当の意味で

 

中学生から「受験生」になった、

 

という気がしました。

これからの「成長」が楽しみです。

 

今日も張り切っていきます。