こんにちは! 塾長の土田です。

昨日午後、市民体育館へ行ってきました。

中学生の、郡市大会卓球会場なのです。

 

中3生で3人、卓球部の生徒さんがいますし、

会場が塾からも近いので。

 

でもタイムスケジュールは聞いてませんでしたし、

まぁ、見れたらいいかな?くらいのつもりで行ったら…

ちょうど団体戦をやっていて、

生徒さん達が出場していた試合を見ることができました。

残念ながら、団体戦は敗退、となったようです。

 

今日は、アオーレ長岡に行ってきました。

バスケットボールの決勝トーナメントが行われていました。

実は、長岡松陰塾金房校、

バスケをやってる生徒さんが7人! もいて、

親御さんにも何人かお会いしたので、ご挨拶しました。

 

もちろん、応援はしますが、主ではありません。

昨日、今日はありませんでしたが、

対戦することもあり得ますし(苦笑)

勝ち負けを見るわけでも、ありません。

 

ふだんの教室での様子と違う

一面を見れれば、それでいいのです。

教室で見せてる姿は、ほんの一部のはず、ですから。

 

そういう塾の教室では見えない「意外な一面」が

指導する上での「ヒント」になったりするのです。

性格とか、取り組む姿勢とか、

表情とか、そういった部分です。

 

1年以上指導していると、だいたいわかるのですが、

それでも何かしら「発見」があります。

 

さらに、昨年秋以降に入塾してくれた生徒さんの場合は、

小学生は、この前、運動会がありました(その1 その2)が、

中学生は、教室以外での姿を見てないことが多いので、

こういった機会を利用しています。

 

まぁ、昨日の卓球の3人は、

開校当初から来てくれていて、最後の部活大会になりそう、

ということもあり、行っておこう、と思ったのですけどね。

以前行った時は、試合を見れなかったので、ラッキーでした。

 

今日も郡市大会が控えているためか、

昨日、教室に来てくれた生徒さんは、少なめでした。

それでも、学校や家での勉強で、わからないところが

明確になってきている生徒さんは、

塾で質問して、自分のものにしようと、

頑張っている姿勢が見えるので、

指導にもチカラが入ります。

 

今日も張り切っていきます。