こんにちは! 塾長の土田です。

夏休みの、楽しかったひとコマです(笑)

花札は、中学生さんが持ってきました。

 

多くの学校ではもう授業が再開していますが、

塾の生徒さんの多い、

南中と豊田小がまだ夏休み、

ということもあり、

午前中から来てくれています。

 

数学の問題をなぞって、

長方形の紙

(縦が横より10cm短い、という問題でした)

の四隅から、3センチづつ書いて、

その四隅を切り取って、

直方体を作ると体積が1,008cm3となった。

もとの縦、横の長さは? という問題でした。

 

質問をしてきた生徒さんは、

この問題を読んでも、何を言っているのか、

わからなかった、ということだったので、

実際にやってみました。

 

 

私も経験のあることですが、

ひとつの問題でわからないと、

イライラするものです。

 

特に、ふだんからよく勉強している生徒さんほど、

「ひとつの躓き」に過敏なほど反応することもあります。

 

そんなときほど、

「立ち止まって、やってみる」

時間も必要なのです。

 

今はまだ夏休みの段階なので、

例えば、問題の意味がわからない、

ということであれば、

それを理解できるように、

実際に“工作”して教える、というのもありかな、と思います。

 

私も高校時代は、1問の問題を理解するのに、

1時間以上かかることもしばしばありました。

 

わからない問題をやり過ごして、

できないままにするよりも、

立ち止まって、理解することを優先する、

という時間を作ることも大事です。

 

昨日、高校生を指導していても、ありました。

定期テストでも出しやすく、

大学入試でもよく出てくる

「ω3=1(ω2-ω+1=0)」の問題は、

ある程度パターンが決まっているので、

慣れておいたほうがいいですね。

 

 

授業が再開していますし、

今日も夏休みだった学校も、

来週月曜日には、授業が再開されます。

 

それに伴って、来週も夏期講習扱いにしていますが、

来週からは、通常の16時開始に戻ります。

そして、運動会が終われば、すぐに期末テスト。

なので…

土日の定期テスト勉強会の告知も作成しました。

今回は南中だけが2週間遅いので、変則的です。

 

教室内にも貼りだしたら、

早速、受験生の生徒さんからは

「全部(の日程)出ます」

と言われました。

ぜひ意欲的に参加してほしい、と思います。

 

そして、明日は、

数検(数学検定、算数検定)です。

明日に向けて、準備も進めています。

試験日の明日、受験者の前で開封します。

 

今日も、明日も、張り切っていきます。

 

 

P.S.

火曜日(3日前)の歩数 7,618歩

水曜日(2日前)の歩数 12,118歩

昨日(1日前)の歩数 15,392歩