こんにちは! 塾長の土田です。

漢熟検(漢字習熟度検定)の申込締切

明日16日(金)と迫ってきました。

中3生にとっては、

調査書(内申書)記載できる検定は、あと2回ですよ。

 

さて昨日、ある生徒さんから、

「おばあちゃんが、今朝塾のチラシが入っていたと言ってたよ」

という話もいただきました。

 

塾の近隣地域を中心に、

昨日の新聞折込で、

夏バージョンのチラシを入れています。

表面に濱田ここねちゃん、裏面に花田景子さんが目印です。

無料体験学習も受付けていますので、

お気軽にお問合せくださいね。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

それに、昨日も、定期テスト対策を中心に

指導しています。

 

何度も訊かれるのが、

有効数字あたりですかね。

私も数学で習った時点では、

有効数字をなぜやるのか? よくわかっていませんでした。

高校、大学、社会人になると、その必要性が見えてきますので、

中学の段階では、こういうものだ、

くらいの形で覚えておけばいいかな、と思います。

 

それに、私が指導したこととと、

ワークの解答が違う、という指摘を

ある生徒さんからいただきました。

l(円周の長さ)=2πr

を意識してくれるかな、と思って、

私は、円の「半径」を x, yと置いたのですが…

 

ワークの解答は、

円の「直径」をa, bと置いていたのです。

 

ですから、必然的に、解答の過程も違ってきます。

 

もちろん、「半径」「直径」どちらに文字式を置いても、

最終的に等しいことが説明できればOKなので、

そのことを、その生徒さんにも伝えました。

 

たまたま、塾のなかでこういう質問をされたので、

ワークの解答と食い違っているけど、言ってることは一緒、

だということがわかりましたが、

ご家庭で、ワークや問題集を「自学」する際は、

気をつけて取り組んだほうがいいでしょう。

 

そういったところで悩んでいるケースも

見受けられますからね。

 

今日も張り切っていきます。