こんにちは! 塾長の土田です。

各地方とも雪が降っているようで、

全国ニュースにもなっていましたね。

20160120_003237225_iOS

16両編成の新幹線が走っていましたね。

 

ニュースで見る限り、

新潟市内も、長岡より激しく

降っているようでビックリしました。

 

 

それから、日曜日に資料請求いただいた親御さんと

昨日連絡が取れましたので、早速資料を準備しました。

20160119_105014667_iOS

 

 

さて、待ち焦がれていました、

3月13日(日)実施漢熟検(漢字習熟度検定)

案内冊子が、教室に届きました。

20160118_111409814_iOS

今回は「お年玉クイズ」もあります。

20160118_111318026_iOS

クイズの中身は、塾でお配りする

案内冊子をご覧くださいね。

 

長岡松陰塾金房校でも使用している

検定対策教材「文字蔵くん」も紹介されています。

20160118_111431485_iOS

間違っても、何度でも繰り返し学習ができるので、

生徒さんたちは、何度もチャレンジしています。

 

類義語・対義語などは、なかなか勉強しづらいですが、

「文字蔵くん」ならゲーム感覚で楽しく学べます。

 

長岡松陰塾金房校に「漢熟検」の案内冊子を置いております。

20160117_234738773_iOS

お申し込み、お問い合わせは、塾長・土田まで。

電話:0258-89-8029

 

できれば中2まで、遅くても中3の7月まで

漢熟検で3級を取れるレベルになっていれば、

高校受験レベルで困ることはないです。

 

漢字は、国語のみならず、

すべての教科の基礎となります。

 

英語で書け、という設問以外は、

社会でも、理科でも、数学でも、

すべて日本語で書きますよね。

 

長岡高専では今年から、国語の代わりに

「作文」が入試科目として加わります。

 

漢字の読み書き、はもちろん、

高校入試で「漢字を書く」場面は多くあります。

 

加えて、漢熟検は資格試験なので、

進学や就職、転職などにも大変有利です。

 

 

そのための、一番の対策は…

 

中学生、高校生になってから、急にやるより、

小学生の頃から、コツコツと漢字を学んでいくこと。

20160119_234230204_iOS

10級が1年生、5級が6年生で習う漢字です。

 

ある小学生の生徒さんに、

「どんな漢字が出るんですか?」

と聞かれたので、

わかりやすいように教室内に掲示しました。

 

ただ、漢熟検は、
漢字の書き取り、読み取りだけでなく、
部首、画数、四字熟語、類義語、対義語、同音異義語、熟語の意味など、
「漢字の総合力」が試されるので、
合格したときは生徒さんの自信になります。
20151228_055815347_iOS

そして、長岡松陰塾金房校では、

「文字蔵くん」を使って、楽しく学べます。

20151130_015400580_iOS

「受けます」と、もう申込書をもらってる既塾生もいます。

20160119_103731664_iOS

受検級の過去問も配り始めています。

 

今回は、小学生で「漢熟エリート賞」に

王手!をかけた生徒さんがいるので、

20160120_000924220_iOS

そちらも楽しみです。

 

漢熟検の次回の受検日は、3月13日(日)

申込締切日は2月12日(金)です。

 

さて、今日も張り切っていきます。

 

P.S.

昨日の歩数 16,394歩

20160120_000230749_iOS