おはようございます! 塾長の土田です。

 

昨日も暑かったですね…

20150729_014052075_iOS

 

午前中から集中して勉強していましたね~♪

午後も、高校受験を控える中学3年生を中心に、

集中して勉強していました。

 

 

そういえば、中越高校が夏の甲子園出場を決めましたね。

20150729_224451031_iOS

夏の甲子園では県内最多出場を誇り(春夏通じては日本文理が最多)

県内では野球の強豪校として有名ですが、

夏の大会は平成15年以来12年ぶりの出場。

高校生はもちろん、OB・OG、そして、

長岡市民も待ち焦がれてた、というところでしょう。

20150729_224427192_iOS

既に、アオーレにも垂れ幕がかかっていました。

 

長岡松陰塾でも中越高校を目指している中3の生徒さんがいて、

よく話をするのですが、実は、中越高校、

明日が今年1回目の「オープンスクール」なんです。

その生徒さんが「オープンスクールに行く」というので、

初めて知ったのですが… ^^;;

 

「受験生がオープンスクールに出かける」というのは、

我々の高校時代にはなかった(たぶん)ですし、

受験生なのに、折角の勉強の時間を取られてしまう、

というマイナス面もありますが、

塾長としては

「機会があるなら参加すべき」

とさえ思います。

 

その高校を疑似体験できる、その高校の先輩の話を聞ける、など

とさまざまなプラス面がありますが、

最大の理由は

「受験勉強への動機付け(モチベーションアップ)」

です。

 

その高校に本当に行きたい、のであれば、どうしなければいけないか?

 

一部の県立高校には「特色化選抜」という選択肢もありますが、

大半の受験生は「高校入試(一般選抜)」を突破しなければなりません。

 

「高校入試」を突破するためには、どうしなければならないか?

 

簡単です。「受験科目を勉強する」他ないのです。

 

 

「オープンスクール」や文化祭などで、高校生活の一端に触れ、

その「高校に行きたい」と強く思うことが、

生徒さんにとっては、受験勉強への大きな動機付けになります。

 

「あの高校に行ったら…こんなことをしよう」

「こういう活動をして、次はこうしよう」など、

そういう動機付けが多いほうが、受験勉強を投げ出さず、

最後までやり切ることができるのです。

 

なので、志望校に「オープンスクール」があるなら、

積極的に参加することをお勧めします。

調べたら、市内の県立高校は9月が多いみたいですね。

 

ただし、条件があります。

 

できれば「第一志望」に絞ったほうがいいです。

 

譲歩しても第二志望まで。

なぜなら、受験生がオープンスクールに行く理由は、

あくまで志望校を選ぶため、ではなくて、

「勉強への動機付け」だからです。

だから「第一志望」だけで充分です。

 

加えて、時間的には3時間(半日)が限度、でしょう。

長くいる必要性はありませんし、

それに入学すれば、いくらでも行けるのですから(笑)

 

今の情報化社会、受験校のことはいろいろな形で

調べることができますから。

中学2年生までなら、志望校の選択のために、

オープンスクールに参加する、というのはわかります。

 

ちょっとマジメな話になっちゃいましたね(笑)

 

受験生がほとんど帰った後に、

小学校低学年の生徒さんがふたり残っていたので、

勉強が終わった後に…

20150729_075619655_iOS

3人でブロックスしたり…

20150729_074123084_iOS

第1回夏休みワイヤークラフト教室の見本が

“おもちゃ”になったり(苦笑)

 

ブロックスは、小学校低学年から中学生まで、

けっこう楽しめますね。

正直、こんなにみんなハマるとは思ってなかった(笑)

もちろん頭を使いますので、

論理的思考を育む、楽しいゲームですよ。

 

まだまだ夏休み特別講座は始まったばかりなので、

これからでも充分間に合います。

まずは、無料体験学習で。オープンスクールのように

長岡松陰塾金房校を“疑似体験”してみませんか?

電話:0258-89-8029

 

最後に、一昨日の「塾長からの挑戦状」

誰も解答を行ってこないので、ちょっと書き換えました。

20150730_000112643_iOS

実は、これも「ベースボール」の問題だったのです(笑)

 

今日も張り切っていきます。