こんにちは! 塾長の土田です。

今朝の朝刊を見たら…

新潟日報2017年6月30日紙面より

鉄橋の、今の長生橋の手前に、

木橋の、昔の長生橋が一緒に写っていましたね。

こんな写真、初めて見ました。

 

さて、昨日は、中学生の授業の復習や、

高校生のテスト対策になりました。

高校生になると、特に、

ひとつの問題で、やり方がいくつかある、

ということが、往々にしてあります。

 

例えば、昨日の例で言うと、

左の説明と、右の説明。

 

全く違う問題を解いているように見えますが、

実は、同じ問題を解いているのです(笑)

 

最初は、左の絵で説明したのですが、

生徒さんが理解しにくい、ということで、

右の絵と説明を再度しました。

この生徒さんにとっては、

右の方が良かったようです。

 

小学生、中学生でも、同じようなことはあります。

 

ただ、高校生のように、

ここまで大きく違うように見える、

ということはなかなかないですが、

難易度が高くなると、こういったことは起こり得ます。

例えば、高校入試や

新潟県統一模試の、後半の問題などで。

そういえば、今日が申込締切でした(笑)

 

「今の実力」を客観的に判断する“材料”として、

有効にご活用くださいね。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

話を戻しましょう(笑)

 

算数・数学ではこういった複数のやり方がある、

というところが、面白いところですし、

正解率を高める、ということにも繋がります。

 

ただ、まずは、基本的なやり方、

教科書に、あるいは、ワークに載っている、

ひとつのやり方をしっかり習得する。

 

その上で、別のやり方も考えてみる、

というのが“王道”です。

 

以前書いた守破離にも通じますね。

 

この積み重ねが、大事なのです。

 

そうそう、数検(数学検定・算数検定)も

8月26日(土)受検を受付中ですよ ^^

 

今日も張り切っていきます。

 

P.S.

火曜日(3日前)の歩数 13,564歩

水曜日(2日前)の歩数 10,327歩

昨日(1日前)の歩数 12,445歩