おはようございます! 塾長の土田です。

Evernote Camera Roll 20160426 114215 (6)

今日もいい天気ですね。

 

さて、昨日の塾長ブログでは、

ミニバス(ケットボール)を引き合いに出して、

たとえ「1ヶ月」でも「やり切れば成果は出る」

ことを書きました。

 

もう少し、その意図を

勉強の面でも、掘り下げていきます。

 

「1ヶ月やり切る」という意味は、

1ヶ月後に「何らかの目標」を設定し、

それに向けて、シッカリと練習を積み重ね

「やり切って」本番(目標)を迎える、ということです。

 

「目標」は、例えば、

スポーツであれば、上に繋がる大会で勝つこと、

でしょうし、

勉強であれば、月例などのテスト、定期(中間・期末)テスト、

大きな目標であれば、高校受験がそれにあたります。

 

勉強であれば、教科書やワーク、ショウインのデジタル教材を

答えられるようになるまで、何回もできるまで「やり切る」

そこまでやって、初めて“点数”という「結果」に現れるのです。

 

定期テスト対策やってるじゃん、と思われるかもしれませんが、

本当に「やり切って」いるなら、成績上位になっているはず。

 

ハッキリ書きますが、才能や素質の差ではありません。

「“やり切る”努力」の差、そして、「かけた時間」の差、です。

Evernote Camera Roll 20160426 114214 (2)

成績がいい子でも、最初から全部理解できるわけではありません。

 

理解できるまでとことん、自分で調べたり、

先生や友達に質問したり、自分で考えたりするから、

結果的に理解できるのです。

Evernote Camera Roll 20160426 114215

そして、テスト前に、たくさんのミスをする

テスト前に、たくさん間違えて、ミスを「出し切る」から、

本番のテストで結果が出るのです。

Evernote Camera Roll 20160426 114214 (1)

そのプロセスを繰り返していくと、

理解するまでの時間もさらに短くなり、

ドンドンと伸びていきます。

 

「“やり切る”努力」をしているし、「時間もかけて」いるのです。

 

 

 

反対に、途中で諦めたら、そこで理解は止まります。

 

教科書やワークのテスト範囲を1回“舐めた”だけで、

「テスト勉強が終わった」と思っている、と

そこで終わり。

それ以上伸びません。

 

伸びないお子さんは、最後までやり切れず、

途中で諦めたり、努力することを怠るのです。

 

本当に、成績が伸ばしたかったら、

「わかるまで繰り返す」

ことが不可欠なのです。

Evernote Camera Roll 20160310 125620(1)

 

たとえ「1ヶ月」でも、

しっかりと練習(勉強)を「やり切る」ことができれば、

清々しい気持ちになり、「やり切った」ことを後悔しないし、

Evernote Camera Roll 20160426 114214 (3)

仮に、思うような結果にならなかったとしても、

その結果を糧にして、次に向けて

例えば、間違えた問題を復習する、などすぐ動き出せるです。

 

 

 

昨日、中1生と話をしたら、

そろそろ漢字のテストなどが始まっているようです。

1週間で60個、で驚いていましたが、

まず1週間でもいいので、何回も繰り返しやることを勧めました。

 

1週間でもやり切ることができれば、自信になります。

 

さらに、定期テストが決まっていたら、

その1ヶ月くらい前から計画し、

テスト範囲を繰り返し勉強する。

 

1ヶ月やり切ることができれば、さらに大きな自信になります。

 

同じようにして、

数検、英検、漢熟検などの検定試験、

新潟県統一模試などの模擬試験に臨み、

ミスしたところもしっかりと修正して、

さらに自信を深めて、高校受験本番を迎える、

というのが理想的です。

 

 

これを中学生からやろう、とするから、

「中学校になったら勉強がタイヘン」に思えるのです。

 

小学校からこういうサイクルの“練習”をすれば、

中学になってからも、スンナリと対応できます。

 

しかも小学生のうちなら、

勉強すべき量も多くないので、

楽しみながらできます。

 

長岡松陰塾金房校でも

漢熟検(漢字習熟度検定)や数検(数学検定、算数検定)を

定期的に実施するのは、

中学生の内申書(調査書)対策、ということもありますし、

検定試験合格を、小学生の「目標」にして、

本番を迎えるまで、どんなふうにして勉強するか、

という「やり切る」“練習”のため、でもあるのです。

 

小学生で、そういう「経験」ができたなら、

中学生になっても、同じようにやることができますので、

成績をさらに伸ばすことに注力できます。

 

…とはいえ、中学生さんは、小学生に戻ることはできないので(笑)

それぞれの生徒さんの、今の部活や他の習い事の状況、

成績の状況、お子さん、親御さんの将来の希望などを勘案して、

その生徒さんに合った指導計画を立てています。

 

無料体験学習も随時行っていますので、

お気軽に塾長・土田までご相談くださいね。

電話:0258-89-8029

 

今日のブログでの写真は、この2冊から、です。

Evernote Camera Roll 20160426 114214

もちろん、塾に置いてありますよ。

 

今日も張り切っていきます。

 

P.S.

金曜日(4日前)の歩数 10,239歩

Evernote Camera Roll 20160426 114215 (2)

土曜日(3日前)の歩数 9,160歩

Evernote Camera Roll 20160426 114215 (3)

日曜日(2日前)の歩数 13,893歩

Evernote Camera Roll 20160426 114215 (5)

昨日(1日前)の歩数 11,512歩

Evernote Camera Roll 20160426 114215 (4)