おはようございます! 塾長の土田です。

今日もいい天気ですね!

 

金曜日は豊田小学校が1学期の終業式で、

豊田小学校の小学生くんが、早々に塾に来てくれました。

いつも以上に早い来塾だったので、

勉強や宿題を終わらせてから、

まだ他の生徒さんが来る時間帯ではなかったので、

あの春先のさくらや、8月の焼肉BBQを開催した

近くのワニ公園(西裏公園)へ。

20151002_045451411_iOS

いままでちゃんと紹介していませんでしたね。

これが「ワニ」です(笑)

20151002_045608733_iOS

 

たまたま他の生徒さんが来ない時間帯だったので、

できた“芸当”でした。楽しいひと時でした。

 

 

そして、土曜、日曜は、ミニバス(ケットボール)の

交流大会参加で、男女とも長野県に行ってきました。

20151004_065335079_iOS(昨日の閉会式の様子です)

男子17チーム、女子16チームが参加する大規模な大会。

うちのチームは、4年前の第1回大会から参加していて、

その第1回大会で、男子優勝、女子準優勝だったので、

毎年のように呼ばれ、参加しているそうです。

 

私自身も3回連続で付き添っています。

ただ初めて、珍しい“現象”に出くわしました。

 

いつものように、新井PAで休憩をとった時は、

20151002_223017157_iOS

 

雲がほとんどない青空でした。

 

ところが、長野県の県境付近から曇ってきて、

信州中野ICを出たところでもう1度休憩した所では…

20151002_231352052_iOS

典型的な曇天。

 

会場の体育館は竜王スキーパークの中腹にあり、

昨年も一昨年も雨に降られたので、

たぶん、また天気が悪いのかな…

 

…と思ったら、

20151003_003043621_iOS

雲一つない青空 ^^

これにはビックリしました。

 

そして、何でこうなっていたのか?が、

子ども達のトレーニングに付き合って、

この体育館より少し上に登ったら、わかりました。

20151003_011141096_iOS

「雲海」になっていたのです。

 

雲の下の辺りが、ちょうど(長野県中野)市街地。

なので、そんな“現象”になっていたんですね。

 

午後にもう一度行ったら、既になくなっていたので、

ホント土曜日の午前中、だけの“現象”でした。

 

翌日日曜日は、雨こそ降らなかったものの、

9時過ぎから「濃霧」でした。

20151004_024755408_iOS

100mくらい先にあったロープウェイ乗り場も

あまりよく見えないような、そんな天気でした。

 

子供達はバスケの試合をしに来たので、

20151003_225753609_iOS

それどころではなかった様子でしたが、

「雲海」や「濃霧」などの自然現象に

「なんでだろう?」と疑問を持つことは大事ですね。

勉強への興味は、案外こんなところから生まれるのかもしれませんよ。

楽しくやれれば、伸びますよ。スポーツも、勉強も。

 

 

ちなみに今回は、男子が8位、女子が11位でしたが…

20151004_070025847_iOS

 

 

各チームからひとりづつ選ばれる“優秀選手”には、

20151004_070858283_iOS

私の長女が選ばれ、表彰されておりました。

20151004_070953180_iOS

初めてバスケで表彰されたから、嬉しかったんじゃないでしょうか。

あまり顔にも言葉にも出してませんでしたが。

 

砂場の「ワニ」でも、

眼下に眺める「雲海」でも、

目の前の「濃霧」でも、

一生懸命やる「バスケ」でも、

どんなことにも、必ず「学び」はあります。

自分が楽しい、と思えるところから学ぶことが大切なのです。

 

 

たまたま今朝、デジタル教材でお世話になっている

株式会社ショウイン・田中正徳社長から、ご自身の最新著書

小中学生が通う・現代版松下村塾のつくりかた

を献本いただきまして、

20151004_224436341_iOS

朝、さっと読んでいたら、

同じようなことを記している一節がありましたので、ご紹介したいと思います。

 「勉強はわかるようになってくると楽しくなる」と言われますが、「楽しく勉強するから、わかるようになる」のです。勉強は長く続けることが大切です。長く続けるためには、やはり楽しくないといけません。嫌なことは続かないからです。

ではどうしたら勉強が楽しくなるのか。実はとても単純なことです。「勉強好きにしてしまう」のです。多少の説明を加えると「子供の好みに合わせた学習機会を与えてあげる」のです。

好きな先生が教える科目は、好きになって得意になったという経験をお持ちの方がいるかもしれませんが、これと同じ発想です。コンピュータやゲームが好きであれば学習ソフトを利用すると効果的ですし、身体を動かすのが好きなお子さんなら山に登って植物や動物を観察し、歴史や文化に興味があるようなら文化遺産を間近で見るなどの方法が考えられます。

ここで大切なことは「先生の話を聞くだけが勉強ではない」ことを子供に伝えることです。自分で調べて発見する、理解する喜びをサポートしてあげるのです。

「継続は力なり」と言いますが、勉強においてはもう一つ発展させて「楽しさは力なり」と言えます。

田中正徳著『小中学生が通う・現代版松下村塾のつくりかた』より引用

 

たぶん今までも、私のブログをご覧になった方は、

「学習塾の先生のブログっぽくない」

と思われたことがあるかもしれません。

実際、よく言われます(笑)

 

私の根底に、この考え方があります。

だから、そう見えるのだと思います。

 

長岡松陰塾金房校では、小中学生対象の学習塾で、

中学入試、高校入試を控えた受験生さんもいますので、

国語、数学(算数)、英語、社会、理科の5教科をしっかりやります。

 

ただ、勉強嫌い、あるいは勉強の習慣がないお子さんが、

塾にもいらっしゃいます。

むしろそちらの方が多いかもしれません。

 

まずは「楽しく勉強すること」から始めます。

 

無料体験学習のときに、お子さんから勉強のことだけでなく、

勉強以外のこともいろいろと伺うのですが、

そのお子さんにとって“楽しいと思えること”は何だろう?

というところから、塾長の指導はスタートしています。

 

ぜひ、長岡松陰塾金房校で、一緒に楽しく勉強しませんか?

早ければ早いほど、中学生よりも小学生、幼稚園児のほうが、

その効果は大きいです。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

「テストの点数を上げる」ことは一時的に効果のあるスキル。

でも、「楽しく学ぶ」ことは、一生モノのスキルです。

 

そんなことを想いながら、今日も張り切っていきます。