こんにちは! 塾長の土田です。

塾のマスコット・黒いぬいぐるみは

フックに引っ掛かって、空を飛んでるようにみえたり、

かつらを被せられたり、

“ゴンザレス”と呼ばれたり、と人気者です(笑)

 

さて、昨年ラジオ出演した時に共演した菅(すが)ママが、

今年は、子育て奮闘中のママ向けの番組で

パーソナリティをしています。

 

その番組自体は、通常は、福岡県内(FM福岡)と、

radiko(インターネットラジオ)の有料会員でしか

聴くことができないのですが、

 

番組を録音したものを本部が公開しているので、

長岡松陰塾金房校のホームページ内に、

菅ママのそれでいいーと!!

というカテゴリーを設けて、まとめました。

「いいーと」というのは、九州の方言で、

「承認」の意味で使われているようです。

「それでいいんですよ」と。

 

未就学児から小学生、中学生のお子さんお持ちのママに向けて

親子が笑顔で過ごすためのヒントを

菅ママがやさしく、そして熱く語っています。

 

一覧をみて、気になる話題から聴いてみるのもいいですし、

時間があれば、最初から通して聴くのもいいでしょう。

 

お知らせでも発信したとおり、

放送後、録音が出たら、随時、

一覧の方にも上げていきます。

 

また、内容に関して、疑問・質問があれば、

塾長・土田までお気軽にお問合せください。

 

答えられることは土田で答えますし、

場合によっては、菅ママに直接電話します(笑)

 

生徒さんの学習にしても、

親御さんの子育てにしても、つまづいていいんです。

第10回 「勉強につまづいていいーと」

この回の放送にあるように、つまづいたときに、

「あーわからない」でそこで終わるのと、

「知恵を出して、乗り越えて先に進む」のでは、

結果以上に、大きな差、なのです。

「他者依存」と「自立・自律」の差、ですから。

 

「自立」とは、一から自分ひとりで全部調べてやる、

という意味ではなく、

できるまでの途中過程では、わからないところは聞いたり、

本を調べたり、解説を読んだり、練習したりしていいので、

最終的に「自分でできるようになる」ことです。

 

全国のショウイン認定校も、

長岡松陰塾金房校も「自立学習」を旨としているので、

「自立」という言葉を(ブログでも)出すのですが、

「自立」という言葉を捉え違いして、行き詰まっていたり、

ひとり悩んで行動を起こせないケースがあるようです。

 

私も、このブログを書くために、

今朝、「それでいいーと」の

「いいーと」の意味を、インターネットで調べたり、

福岡・松陰塾本部の担当者に電話して、訊ねました。

その話のニュアンスから、

先ほど「承認」という言葉を使ったのです。

 

わからなければ、質問してもOK、調べてもOK、

間違えても、正しいやり方を覚えればOK、

そんな過程を経て、最終的に

「自分でできるようになる」

のが「自立」なのです。

 

ぜひ、本当の意味で

「自立」学習していきましょうね。

 

午後になって、中学時代の同級生が、

唐突に、お菓子を差し入れてくれました。

実に2箱分なので、ビックリな量です。

5月6日と、消費期限が近いのですが、

実際、味見してみたら、問題なさそうなので、

今日は、試食つきで出してみます(笑)

さて、生徒さんたちのお口に合うでしょうか?

 

今日も張り切っていきます。