おはようございます! 塾長の土田です。

 

今日、大島中がテスト2日目なので、

長岡松陰塾金房校の定期テスト対策は、

ひとまずここで小休止、です。

テストが返ってきました、という話も少しだけもらいましたが、

別の機会にまとめて書こうかな、と思います。

 

テストの終わった中3生の中には、

今日はオープンスクールに行ってきました、

と話してくれる生徒さんもいます。

Evernote Camera Roll 20160915 074417

昨年のブログで、中3生がオープンスクールに参加する意義

書いたことがありました。スタンスは変わりません。

 

積極的に参加して、「高校の“空気”」を

肌で感じてきて欲しいですね。

 

今はあまり感じづらいかもしれませんが、

2月、3月の、受験前の踏ん張りどきに、

「その志望校に行きたい!」

と、どれだけ本気に、

自分のこととして思えるか?

で、合否は決まってきます。

 

その「気持ち」の入り方が本物なら、

学校の先生には無理、と言われたけど、

最後の最後で、滑り込みセーフ、

ということも、現実にあるのです。

もちろん、逆もあります。

 

勉強の集中が途切れそうなときに、

その「気持ち」が支えになるのです。

 

その「気持ち」を支えるのが、

「あの学校で高校生活を送りたい」

「あの先輩たちと、部活で頑張りたい」

「あの学校の雰囲気はいい」

など、

 

「受験校に行かなければならない理由」

 

が、シッカリと、できればたくさんあること、

そして、オープンスクールなどの機会で

「肌で感じてきた“空気”」

なんです。

 

実は、以前ブログで書いていたAO入試受験の高校生、

昨日、合格していたことを報告してくれました。

(昨日が結果発表の日だったんです。)

 

居合わせた小中学生は、

私が突然「おめでとう!」と言ったので、

キョトンとしてました(笑)が。

 

彼にも、志望校を決める段階で、

何度も何度も問いかけをして、

 

「基礎学力を上げる」

 

そして、

 

「早めに志望校を選定する」

 

ことで、高校の進路指導の先生が、

「AO入試」を勧めてくれたのです。

(AO入試の場合、高校の内申書も考慮されます)

 

その後で、彼は、その大学で開催された

「オープンスクールにも参加」しています。

 

何度も書いていますが、

「準備は早いに越したことはない」

「進路を早めに検討していく」

ことは大変重要なことなのです。

最後は、

「本当に志望校に行きたい」

と思っている受験生が勝つのです。

 

それから、県外から転居予定の方からも

お問合せがあり、

Evernote Camera Roll 20160915 074418

資料を用意しました。

 

さて、今日も張り切っていきます。