おはようございます! 塾長の土田です。
いつもと違う感じの写真ですが、理由は後ほど。

20150330_114553153_iOS

昨日は、体験学習2回目となった
今度小学校2年生になる女の子の
入塾が決まりました。

算数では、まだ習っていないひっ算にチャレンジし、
最初は(当然ながら)躓いていましたが、
最後にはちゃんとできるようになっていました(笑)
新学期が始まっても、戸惑うことなく進むことでしょう。

当塾では、どんどん間違えることを奨励しています。
人間間違えないと、覚えないですし、
学校や試験で間違ってしまうお子さまと、
ここ(塾)でいくら間違えても、そこから学びを得て、
学校や試験で同じ間違いをしないお子さま、
どちらがいいですか?

さて、本題の写真の件ですが…、

実は先週体験学習に来てくれた中学生女の子3人に、
(正確に言うと、うち2人は4月から中学生ですが)
「春休み、何するの?」と質問したら、
3人とも異口同音に、「映画を見に行く」と言ったのです。
それも同じ映画を。

それが、『ストロボ・エッジ』でした。

この映画は、長岡がロケ地の一つであることは
知っていましたが、それ以上は知り得ませんでいた。
さすがに、中学生が、それも3人も、
同じ映画を見に行く、と言っていたら、
塾長もいい年のオヤジですが、興味が湧いてきます。

ところが、調べていたら、
男一人でいく映画、ではないことがわかりました ^^;;

最初、娘を誘ったのですが、断られ、
(娘の “本命” は、4月公開の名探偵コナンなので)
妻とふたりでは、子どもが置き去りになる…。

ということで、
結局、ひとりで、塾が終わった後に行ってきました(笑)

20150331_075805000_iOS

ひと言で書くと、
10代の恋愛模様を描いた学園モノのラブストーリーでした。
主人公の仁菜子の気持ちになると、切ないですね。

どの登場人物の片思いの想いも“エッジ”がきいてて、
その辺が10代のココロに突き刺さるのかな…と。

長岡のシーンは、
恐らくフェニックスの花火のシーンだけ、かな。
あとは、買い出しに行くシーンは、
新潟市の万代や礎町あたりだったし、
舞台の高校は、新発田高校がロケ地だったそうです。
そう考えると、半分くらいは新潟県内でロケされたのでしょう。

映画が終わり、明るくなると
周りは、20代のカップル、
あるいは、女性グループでした ^^;;
中には、涙を流している女性も。

男一人で見に来たのは、予想通り、ワタシひとり。
いい経験をさせてもらいました。