おはようございます! 塾長の土田です。

 

昨日は、塾の資料をお届けに行ってきました。

Evernote Camera Roll 20160413 103621 (2)

途中で通った「長陵」高橋酒造さんの近くの桜です。

その栖吉川沿いの公園では…

Evernote Camera Roll 20160413 103621 (1)

さくらの花びらが、海のようになっていました。

さくらも今週いっぱいでしょうね。

 

ウチの入口のさくらも、

1歳半の、生徒さんの“アイドル”(妹ちゃん)の手によって、

Evernote Camera Roll 20160413 103622 (3)

こんなに寄っていました(笑)

しばらく、このままにしておきます。

 

 

 

さて、昨日、以前から娘の学校のほうでお世話になっていた親子さんが、

塾に入塾手続きをしてくれました。

 

そのなかで、これまた共通のお友達で、塾にも通ってくれている

Aさんの話題になりました。

 

Aさんは別の中学校に進んで、

ひと足先に部活動もやっていたのですが、

すぐに同級生の名前や特徴を覚えて、

友達を作るのが早いよね、

という話になりまして。

 

実は、私も同じことを思っていて、

それを勉強にも活かせるだろうと思っていたので、

頷きながら聞いていました。

Evernote Camera Roll 20160413 103622

この前の授業後、Aさんが何気なく編んでくれました。

手先の器用さも、彼女の「長所」といえるでしょう。

 

 

 

そして、話は変わって、その前の日、

入塾後初めて来てくれた小学生くんも

親御さんからは

「家では、なかなか勉強しなくて…」

と聞いていたのですが、

一昨日は、素晴らしい集中力で、

苦手の漢字も一生懸命練習していました。

 

実はその前週の無料体験学習の折に、その小学生さんが、

「家では、昆虫の本ばかりずっと読んでる」

という話を聞いた時、

この小学生さん、好奇心も集中力もあるんじゃないか?

と思っていたのですが、予感的中でした。

 

 

 

このように、

本人さんも、親御さんも当たり前と思っているようなこと、

あるいは、勉強の阻害になっている、と思っているようなこと、

短所である、と思っていることでも、

 

第三者から見ると、

そのお子さんの「長所」であったり、

勉強にも活かせる「強み」であったり、するのです。

 

私の場合、まず入塾してくれた生徒さんの「長所」「強み」をみつけます。

ふだんの授業にも、それを活かします。

そこを活かしながら、シッカリと学力の“土台”を築いていくのです。

 

だから、同じ算数、数学の授業をしていても、

お子さんによって、やり方は異なってきます。

Evernote Camera Roll 20160413 103622 (1)

昨日もブロックス(blokus)をやりました。

中学生さんに、残りピースゼロの「パーフェクト」をやられました ^^;;

(ちなみに、私は 青でした。完敗です)

 

勉強は楽しくやるほうが身につくので、

(ブロックスで勝つには、将棋のような先読みが不可欠なのです)

特に小学生の生徒さんには、そういうアプローチになったりします。

 

逆に、中2、中3生には、どうしても高校受験からの逆算で

考えていますので、多少厳しくなる面はあります。

でも、基本的な考え方、やり方は一緒です。

 

生徒さんの状況に応じて、指導方針を決めていますので、

お気軽に塾長にご相談くださいね。

電話:0258-89-8029(担当:土田)

 

今日も張り切っていきます。

 

P.S.

居酒屋八兵衛さんに置いてあるリーフレット、

新しくしましたので、ぜひご利用くださいね。

Evernote Camera Roll 20160413 103622 (2)